辞書について
Center of Nordic Study Propgram

辞書は、習い始めのうちは小さな辞書で事足ります。

語学学校のベルリッツが刊行しているポケット辞書のシリーズは12000ほどの単語が掲載されていて、1000円程度の値段。日本のおおきな書店で買えます。ただ入荷したりしなかったりで、あれば買えるというものです。

大学書林が刊行している「1500語」シリーズも、お薦めです。

現地語−日本語の北欧語辞書は、大小にかかわらずやはり大学書林から刊行されているものを購入するのが良いと思います。高価だ、とは正直思いますが、投資しただけの働きをしてくれる辞書だと思います。

高額のパソコンソフト買って使いこなせずに無駄をしますが、大学書林の辞書の購入はまず無駄にはなりません。

学習が進んでくると、しっかりした現地出版社が刊行している辞書を買いたくなります。現地の辞書もさほど安くありません。たいていは3000〜5000円。ポケットサイズでも、けっこう値が張ります。しかも発音記号がついていないので、日本人はとまどいます。発音辞典が別に刊行されています。英語圏の出版社が刊行している辞書は発音記号ついていて、かつ安いです。

また「現地語−英語」の辞書はもちろんいいのですが、英語がわからなくて日本の英和辞書で意味を確かめても、実際その意味が原語の意味から離れていることも、ままあることは覚えておいてください。

CD版になった辞書もありますが、これは高い。10000円前後です。オンライン辞書もあり、使いこなさせるのなら便利だと思います。

[ 戻る ]
copyright(C) Center of Nordic Study Program
inserted by FC2 system